<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

出演者のみな皆様。。。(Live Act 編)

Live Act :
・栗コーダーカルテットHP



それぞれに作編曲家そして演奏家の顔を持つ四人が、何故かリコーダーを携えて1994年7月にお気楽に活動を開始。
来年には結成20周年を迎える。栗原作曲の「ピタゴラスイッチ」、近藤作曲の「つみきのいえ」(2009年度アカデミー賞受賞)、関島とUAの共作、みんなのうた「PoPo Loouise」など、映像を含む関連作品も多い。2005年にカバーしたスター・ ウォーズ「帝国のマーチ」のヒット以降、ウクレレや身近な楽器を使った脱力系バンドという側面がクローズアップされ、メディアで取り上げられることもしばしば。近年は全国のコンサートホールなどで年間100本を越える公演を行う。

過去の共演アーティストは、春風亭昇太、あがた森魚、谷山浩子、吉澤実、THE SUZUKI(鈴木慶一+博文)、竹中直人、原マスミ、UA、湯川潮音、たま、渋さ知らズオーケストラ、相対性理論など幅広い分野に渡る。
2012年、ユニバーサル・ピクチャーズ創立 100周年を記 念したオフィシャルカバーアルバム「ウクレレ栗コーダー 2」をリリース。
2011年、2012年にはヨーロッパツアーを敢行。2013年11月にはタイ、ベトナム、ラオス3ヶ国5都市のアジアツアーを予定している。

・CINEMA dub MONKS (HP)



1999年沖縄にて曽我大穂(flute,harp,tape
recorder,etc..)とJazzベーシストのガンジー西垣を中心に結成。
“ 物語のある音楽 ”をテーマに、フルート、ウッドベース、ピアニカ、テープレコーダーなどの楽器と、各地でフィールドレコーディングした音を絡ませた即興演奏からなる〈会話〉と〈情景〉を想起させるスライド映像により、〈一本の映画〉のようなライヴ空間をつくりだす。

4度の欧州ツアーや、NY公演、大型野外フェスティバルに参加するなど多数の観客を魅了。これまでに、3枚のCDアルバムと1枚のアナログ盤をリリース。

また【ハナレグミ】【二階堂和美】など、様々なミュージシャンのレコーディングや、ライブサポートメンバーとしても活動している。小説家いしいしんじ氏との3度に渡るコラボレーションや、写真家/ダンス/映像/など様々なジャンルとの共演も多い。

4年ぶりとなる 3rd Album『永遠と一日』は、BOSE (スチャダラパー) / ハナレグミ / KOO (Black Bottom Brass Band) / ワダマコト (CaSSETTE CON-LOS) /芳垣安洋 (ROVO) / 辻コースケ / 上運天淳市 (KINGDOM☆AFROCKS)ら7人のゲストを交え描かれた抒情詩的短編集。

・ボギーHP



福岡を拠点にお祭り生活をおくる日々。ヨコチンレーベル代表、イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。
バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」の活動と平行し、岡村靖幸、RCサクセション、たま、の完全コピーバンドとしてもYouTube等で話題に。ほかにもDJ、テレビやラジオ出演、雑誌のコラム、イラストレーター、等々、その表現欲求は多岐に渡るが、全ての活動のルーツはやはり弾き語りであったりする。

2010年、自作の曲を108曲歌うという偉業を7時間半かけて達成(ギネス非公式記録)。2011年、自身のキャリアを網羅したソロアルバム「青い春」を発表し、独創性と音楽性が秘かに高く評価される。2013年、音楽生活20周年を記念し異常なペースで全国各地でライブをしまくる日々。歌としゃべりで時空を超えるライブは常に大団円!名前の「ボギー」とはボーカル/ギターの略。
by en0en0 | 2013-08-03 00:45 | エンのエンVol.5